HOME/母校の記録/岐阜西工業高校  
 
 
 
   岐阜西工業高校は、昭和37年に誕生した工業高校で、開校当時は機械科・電気科・化学工学科・土木科・建築科の5つの学科が設けられ、時代の変化に合わせて設備工業科・電子科・情報システム科が順次導入されていきました。1回生だった生徒は自分たちでグラウンドを整備するなど、生徒とともに作り上げてきた西工業は、たくさんの思い出を残してくれました。西工業の時代から、ホッケーの強さを発揮し、その実力は現在に引き継がれています。    
         
         
     
  昭和37年 4月



昭和37年 9月
昭和39年 9月
昭和46年11月
昭和46年11月
昭和46年11月
昭和56年12月
昭和59年 4月
平成元年 4月
平成 3年11月
平成 8年11月
平成 9年 3月
仮校舎を岐南工校舎と岐工校舎に置く
○岐南工校舎 電気科・土木科・建築科
○岐工校舎  機械科・化学工学科
岐南工校舎にて第1回入学式
現在地の校舎に移転
校歌披露
記念誌「天地」 1号発行
創立10周年記念式典を挙行
設備工業科を設置
創立20周年記念式典を挙行
電子科を設置
情報システム科を設置
創立30周年記念式典を挙行
工業科の募集停止
卒業生総数 12,513名
(平成10年 3月 岐阜総合学園高校 工業科
卒業 304名)
(平成11年 3月 岐阜総合学園高校 工業科
卒業 293名)